表紙.png

コロナ禍に負けるな!今年もハイブリッドで開催だ!!

昨年、リモート開催をした”しまね映画塾”。多くの塾生が作品を紡いでくれました。発表会もリモートでしたが、大変好評でした。コロナ禍でも皆さんの創作意欲の灯が消えていないことに感動しました。コロナ禍の収束を願っていますが、このまま手をこまねいてばかりもいられない、とばかりに19回目のしまね映画塾は”ハイブリッド開催”することになります(詳細は確認を!)。YouTubeやTikTokなどの動画が溢れていますが、しまね映画塾はそういった配信される動画作りの手軽さをそのままに、”オリジナルの物語を皆で作る”、というスタイルは変わりません。分かり易いものが求められる時代、逆に説明しすぎて判らなくなってしまうこともあるのではないか、常識に疑問を持つような視点で作ることも大事だよなぁ、と”制作と発表の場”を提供してきました。私自身、島根のことすら未だに解かっていないなぁ、と気づくことばかりの毎日です。是非皆さんには既成概念を捨てて参加して欲しい!一人で作るのも面白いですが、価値観の転換期!是非みんなで一緒に”映画作り”の一端に触れてみませんか?全国(世界⁉)からの脚本応募、心よりお待ちしています!!

 

しまね映画塾塾長 錦織良成

nisikoorikantoku_MG_2275.jpg

​▼健康管理表

▼募集リーフレット

(エクセルデータ)

要項.png
要項.png
Schedule
 A 
 B 
 A 
 B 
 A 
 A 
 A 
 B 
 A 
 B 


7月4日(日)~7月25日(日)塾生・シナリオ募集期間


8月下旬 映画化シナリオ選考&決定(応募作品を参加者・関係者で選考)


9月20日(月・祝)スタッフ顔合せ・キャストオーディション


11月6日(土)・7日(日):松江市内で撮影


12月:編集作業

1月16日(日)作品提出締切


2月6日(日)完成作品発表上映会(島根県民会館&オンライン配信)

​※感染症の状況により、内容が変更になる場合がございます。