第28回しまね映画祭クロージングイベント

「しまね映画塾2019 in 隠岐の島町」作品発表上映会

  終了しました! 

ご来場ありがとうございました!

【「しまね映画塾2019in隠岐の島町」作品一挙放送!!】

年末にTSK山陰中央テレビにて、「しまね映画塾2019in隠岐の島町」完成作品を一挙放送!ぜひご覧ください。

2019年12月29日(日)24:40~26:10 

TSK山陰中央テレビ

製作作品をYoutubeチャンネルにて

公開中。みてくだサイ。

アイラと不機嫌な私

監督・脚本/平井 剛史 撮影/立山 光一郎

父が金庫に遺した財産とは?

父の想いが今、扉を開ける。

 

哲夫と彩子の兄妹は、遺品整理のため父の遺した金庫を開けることに。古い金庫を開けるため鍵屋に頼んだ二人だが…

開かなかった金庫の扉を開けた時、二人は父の想いを知る。ほろ苦い思い出が、ピートの香りの中に蘇る。

​ごめんなさい

監督・脚本/西村 航 撮影/塩野 喬之 

助監督/辰巳 佳寿子

そんなつもりじゃなかった。

全ての始まりは一つの思い込みだった。出張で隠岐を訪れた主人公。釣りをしようと海岸へ向かうが、待ち受けていたのは荒れた海と一人の釣り人。彼との出会いは偶然か…三人の登場人物の間で絡む小さな誤算が予想外の混乱を招く。

西日の陽炎

監督・脚本/橋本 ちなみ 撮影/石倉 正 

助監督/奥村 由紀

「あなたと結婚していたら、

全然違った人生で何か変わって

いたんでしょうね・・・」

 

米寿のお祝いを兼ね、ずっと心残りだった、本当はこの人と結婚する予定だった土地へ訪れる、実話を元に作成したフィクション映画。

インスタントラジオ

監督・脚本/安川 結月 撮影/高梨 善

新商品インスタントラジオラーメン。

それを食べた人達は一体

どうなっていくのだろうか。
 

店先に並んだ新商品インスタントラジオラーメン。それを買った3人とカップラーメンとの出来事、そしてその後の心。お湯を入れて3分間の心に寄り添うラジオプログラム。でもそこには秘密が隠されていた・・・。

島、風渡る

監督/添谷 泰一 脚本/金築 秀幸 

撮影/妹尾 和也

ささやかな夫婦愛のカタチ

 

若い相沢夫婦は夫の転勤で隠岐の島に来て間がない。妻の未奈は妊娠中だ。そんな時、夫が女と楽しそうに買い物をしているところを目撃する。浮気を疑うが、夫に直接聞くことは出来ない。夫は未奈のためにある計画を立てていた。

​八尾川

監督・脚本/村上 英明 撮影/恩田 修二

カッパは、架空の生き物なのだろうか。

 

カッパは架空の生き物だろうと、今ではほとんどの人に思われているようである。本当にそうなのだろうか。今でも案外すぐ身近にいて、いつの間にか人々の仲間として親しまれ、生き続けているのかもしれない。

崖の下の椿

監督・脚本/金築 秀幸 撮影/原 勝則

季節外れに咲く椿の花
隠岐の島に残る八百杉の伝説

 

八百杉など隠岐の島に伝わる伝説をベースにした伝奇ホラー。隠岐・西郷に初めて旅行してきた滝本光樹。フェリー乗り場で偶然、比塔椿という不思議な雰囲気の女性と出会う。そして、島には何度も来ているという彼女に案内された先に待っているものとは・・・。

スピーカー

監督・脚本/山口 智宏       撮影/舟木 睦   

スピーカーから流れる小さな恋の物語

 

隠岐の島町内に防災無線が鳴り響く。学校帰りの千夏は防災無線を聞いて急いで家に帰ると幼馴染の亮太がご飯を食べている…。

悩めるメイキングin

しまね映画塾2019

【ドキュメンタリー班】

メイキングムービー・スチール撮影/

阿部 顕治 中西 百音

今年はメイキングの目線から捉えた撮影の様子を一つの作品として上映します。

また8作品すべてのチームを3日間にわたり追いかけ、熱気あふれる撮影現場の一瞬一瞬をとらえたスチール写真を会場にて一挙展示。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

〒690-0887
島根県松江市殿町158番地 島根県民会館内
しまね映画祭実行委員会事務局
shimane-eigasai@cul-shimane.jp

TEL:0852-22-5502 / ​FAX:0852-24-0109